Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Facebookのメッセージ経由で広がるマルウェアに注意 - Bitcoin採掘目的で

Bitcoinの採掘を行うマルウェアがFacebook上で拡散している。Facebookのメッセンジャー経由でファイルで送り付けられるとしてセキュリティベンダーが注意を呼びかけている。

キヤノンITソリューションズによれば、問題のファイルは、JPEGの画像を含むZipファイルと称してFacebookのメッセージとして送り付けられるもので、実体はJavaを利用したダウンローダー型のトロイの木馬「Java/TrojanDownloader.Agent.NIH 」で、他マルウェアに感染する。

同マルウェアについて、国内における感染の拡大は確認されていないが、以前よりBitcoinのマイニングを目的としたマルウェアが拡散しており、国内でも検知していると説明。注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
組織に潜伏するマルウェアを発見する新サービス - PwC-CS
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
ウェブ経由のマルウェア、「WordPress」改ざんサイトから多数検知
銀行狙わぬ「バンキングトロジャン」も - 標的はクレカやアカウント、仮想通貨も
教育新聞が改ざん被害 - 誘導先でマルウェア感染や情報窃取のおそれ
「Thrip」が衛星通信や防衛産業を標的に - 中国国内の端末から操作