Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プライバシー保護への懸念強いが対策意識は低い日本 - EMC調査

日本は世界平均と比べてプライバシー保護に対する懸念が強い一方、セキュリティ対策に無頓着であることがEMCジャパンの調査により判明した。

同社が、日本をはじめとするアジア太平洋地域や欧米、南米、中東、アフリカなど世界15の国と地域を対象にインターネットプライバシーに対する意識調査を実施したもの。それぞれ1000人から回答を得た。

20140702_em_001.jpg

日本ではインターネットサービスの利便性を得る代わりにプライバシーを犠牲にしても構わないと考えている消費者は33%で、世界平均の27%を上回った。

しかし一方で将来的なプライバシー保護に対する懸念も強く、「今後5年間でプライバシー保護が困難になると思う」と90%が回答。「1年前より現在の方がプライバシーが低下している」との回答も50%にのぼり、いずれも世界平均より高い割合だった。

日本では企業や行政に対する信頼も低く、「行政がプライバシーの保護に確固とした姿勢で取り組んでいる」との回答はわずか17%。「事前承認なしで企業がデータを売買することを禁じる法律が必要だと思う」という回答は91%と多数を占める結果となった。

日本の消費者は18%が情報漏洩を経験。一方で「パスワードを定期的に変更していない(77%)」「SNSのプライバシー設定をカスタマイズしていない(50%)」「モバイルデバイスをパスワードで保護していない(64%)」など、対策の実施率はいずれも15カ国中最下位だった。

(Security NEXT - 2014/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
グローバルでは半数がデバイスPWをパートナー同士で把握 - 日本は2割弱
グローバルでは認証で「利便性」より「セキュリティ」を優先
Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件
無料人気アプリ、利用者情報取得も半数超がプラポリ記載や同意なし
LINE、捜査機関に対する情報開示状況を公開
改正個人情報保護法、3割強は全面施行までに対応まにあわず
セキュリティ専任者、外注や配置予定なしが半数超