Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ウェアバレー、データベースの不正アクセス対策製品を発売

日本ウェアバレーは、データベースへの不正アクセスを遮断するソフトウェア「Chakra Max」を提供開始した。

同製品は、データベースにおける不正操作を防ぐ監視ソリューション。データベースに対するアクセスを解析。ホワイトリストとSQLの構文解析により、ポリシーに違反する操作を検知して遮断できる。

また「同User Control」では、基本機能にくわえオプションとして内部統制と個人情報保護機能を用意。

内部統制機能では、特権ユーザーの職務分離や権限管理、ログイン認証、許可されていない操作の遮断、業務フロー制御などに対応。またクレジットカードや携帯電話番号をマスキングし、印刷やファイルへの出力を制限できる。

価格は、Chakra Maxサーバが300万円から。

(Security NEXT - 2014/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
オリコのクレカ不正申込対策で実証実験
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
Kaspersky、一部脅威インテリジェンスをオープンに
CVSSとPoC公開状況から利用OSSへの影響を評価するSaaS - ビズリーチ
アジア地域初の「Transparency Center」を設置 - Kaspersky
イー・ガーディアン、「反社チェックサービス」を提供
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX