Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SECCON 2014」の計画が明らかに - 英語版オンライン予選や女性向けイベントも

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)のSECCON実行委員会は、セキュリティ技術を競うCTFイベント「SECCON 2014」の実施計画を発表した。

20140611_se_001.jpg
SECCON実行委員長の竹迫氏

同イベントは、情報システムに対する攻撃技術や解析能力を競う国内最大級のCTF(Capture The Flag)競技会。今回で3回目を迎えた。サイバー攻撃による脅威の増加にともない、情報セキュリティ技術者の育成が急務となっており、政府のあと押しのもと開催される。

初回となる2012年の大会は、学生を対象としたCTF大会だったが、前回大会より経済産業省が実証実験として実施した社会人向けイベント「CTFチャレンジジャパン」を統合。年齢や所属組織に関係なく参加できるCTFコンテストへと成長した。

前回大会では、509チーム、1312人が参加したが、今大会では、のべ2000人の参加を見込んでいる。予選と予選の成績上位者で争われる決勝大会で構成。7月に日本語によるオンライン予選を開催するほか、12月には英語によるオンライン予選を予定しており、海外からの参加も期待される。

20140611_se_003.jpg
「SECCON 2014」大会スケジュール

オンライン予選以外にも、9月より「横浜」「長野」「札幌」「大阪」の全国4カ所において地方予選を実施。「DNSセキュリティ」や「IP偽装」をはじめとする専門分野に特化した内容を計画している。

さらに今大会では、他イベントとの相互交流にも力を入れ、「SANS NetWars Tournament 2014」「MWS Cup チーム」と連携し、優秀チームにシード権を付与。「cybozu.com バグハンター合宿」とも協力し、人材交流など活発に進めていくという。

予選参加チームが目指す決勝大会は、前回に引き続き、「Capture The Flag」による攻防戦。サーバに対する脆弱性攻撃だけでなく、攻略後に他チームによる攻撃を防御するしくみを取り入れており、参加チームには、攻守の知識が問われる。

(Security NEXT - 2014/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新元号到来をCTFで迎える「令和CTF」が緊急開催
SECCON優勝チーム所属の東大生サークルがCTFを開催
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
社長との採用面接かけたCTF「即!西本」 - ラック
「SECCON CTF 2018」東大学生チームが優勝 - 日本チームが上位独占
アキバで「SECCON 2018」が開催中 - 親子で楽しめるコンテンツも
「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開
Zaif仮想通貨流出、トランザクション解析で発信元推定へ - 2日間のハッカソンで開発した監視システムで
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab
「Apache Struts 2」脆弱性に実証コード - 地下フォーラムでも不穏な動き