Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外出張中に患者情報入りPCやUSBメモリなど紛失 - 東邦大医療センタ-

東邦大学医療センタ-佐倉病院は、同院医師が5月下旬に患者情報が保存されていたパソコンなどを出張中に紛失したと発表した。

紛失したのは、パソコンのほかUSBメモリや外付けハードディスクで、患者348人分の個人情報が保存されていた。同医師が海外へ出張した際に紛失したという。

これらパソコンや記憶装置には、患者の氏名やID、生年月日、画像などが保存されており、関連する患者に対して書面で事情の説明や謝罪を行っている。紛失した個人情報の不正利用といった報告は受けていないという。

(Security NEXT - 2014/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
USBメモリを紛失、農業団体の名簿など含む可能性 - 川崎市
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
PC出張サポート申込者の個人情報が閲覧可能に - ケーズデンキ
本店で保管していた顧客情報含む伝票を紛失 - 沖縄銀
教員が関係者情報含むPCをスペインで盗難被害 - 九大
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
個人情報含むHDD紛失で職員を処分 - 大阪の消防組合
学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
廃棄伝票が運搬中に落下、一部未回収の可能性 - パロマ