Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【不正送金ウイルス】警察庁、「GameOver Zeus」の駆逐作戦に参加 - 日本国内で20万台が感染

警察庁は、オンラインバンキングの不正送金を行うマルウェアが蔓延していることから、FBIやユーロポールなど他地域の法執行機関と協力して、ボットネットの停止に向けた活動を展開していることを明らかにした。

国内におけるオンラインバンキングの不正送金被害は、2013年に14億1700万円と過去最悪を記録。2014年5月には、早くも前年の被害額を上回るなど、悪化の一途を辿っている。

「GameOver Zeus」の感染状況
「GameOver Zeus」の感染状況(画像:FBI)

不正送金の一因となっているマルウェアのひとつが、「GameOver Zeus(GOZ)」。金融機関のオンラインバンキングへアクセスすると、偽画面を表示して利用者からアカウント情報などを騙しとるマルウェアで、詐取された情報により不正送金が行われる。また同マルウェアは、ランサムウェアを配布するネットワークにも利用されるなど、感染端末が犯罪の踏み台に利用されるおそれもある。

「Zeus」の亜種だが、従来の「Zeus」と異なり、「GameOver Zeus」では、P2Pによるコントロールが可能であるため、ボットネットのテイクダウンを困難にしているという。

(Security NEXT - 2014/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
メールで複数従業員がマルウェア感染、サーバより秘密鍵が盗難 - コインチェック
2017年4Qの不正送金被害は1.7億円 - 法人で被害額が増加傾向
【特別企画】「ウェブフィルタリング=入口対策」はあたりまえ、内部からの不審通信対策にも効果がある「あの製品」
コインチェック、業務改善報告書を金融庁へ提出
金融庁、コインチェックに業務改善命令 - 顧客対応や原因調査が不十分
「Coincheck」で約580億円分の仮想通貨が不正送金 - 自己資金で補償する方針
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意