Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コンビニATM向け無線通信サービスを展開 - 日本通信子会社

コントゥアー・ネットワークス・ジャパンは、米国市場で提供する現金自動支払機(ATM)向け無線ネットワークサービスを日本市場で提供開始する。

コントゥアー・ネットワークス・ジャパンは、日本通信の子会社。米国の現地法人であるContour Networksが、米国内において、セキュリティに配慮した無線ネットワークサービスとして事業を展開してきたが、PCI-DSSの認定を取得したことを機に、日本市場におけるサービスの展開を開始するもの。

同社では、コンビニやショッピングセンターなど、店舗ATMの設置に力を入れるインターネット専業銀行などを中心に、ネットワークコストの抑制や設置台数の増強などができるとして、同サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2014/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小中学生向けウェブ検定サービスの2019年度版 - カスペと静岡大
IoTセキュリティ対策の進捗状況と今後の課題を取りまとめ - 総務省
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定
無線化が進む製造現場向けのセキュリティ導入ガイド - NICT
総務省、電気通信事故の報告基準を改正 - 「LPWA」の基準を制定
公衆Wi-Fiのセキュリティ学ぶ全8回のネット講座 - 総務省
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI
NEC製ルータ「Aterm」シリーズ2機種に複数脆弱性
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
iOS向けにアカウント流出や脆弱な無線LANをチェックできるアプリ - Avast