Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コンビニATM向け無線通信サービスを展開 - 日本通信子会社

コントゥアー・ネットワークス・ジャパンは、米国市場で提供する現金自動支払機(ATM)向け無線ネットワークサービスを日本市場で提供開始する。

コントゥアー・ネットワークス・ジャパンは、日本通信の子会社。米国の現地法人であるContour Networksが、米国内において、セキュリティに配慮した無線ネットワークサービスとして事業を展開してきたが、PCI-DSSの認定を取得したことを機に、日本市場におけるサービスの展開を開始するもの。

同社では、コンビニやショッピングセンターなど、店舗ATMの設置に力を入れるインターネット専業銀行などを中心に、ネットワークコストの抑制や設置台数の増強などができるとして、同サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2014/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、アップデート「iOS 12.0.1」をリリース - バグや脆弱性を修正
TP-Link製のWi-Fiネットワーク管理ツールに複数脆弱性
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス
複数OSやファームウェアでBluetooth実装に脆弱性 - 盗聴や改ざんのおそれ
Apple、「Boot Camp」向けに脆弱性「KRACK」対策のアップデート
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
IoT機器の無線通信「Z-Wave」のペアリング時に通信傍受のおそれ
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も