Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FXC製の情報コンセント型無線LANルータに脆弱性 - 悪用の動きも

FXC製の無線LANルータ「AE1021PE」「AE1021」に脆弱性が明らかとなった。脆弱性を悪用した通信が確認されている。

両製品は、宿泊施設、病院、会議室、住宅などで利用することを想定した情報コンセント型の無線LANルータ。有線LANポートや固定電話線ポートなどを備えている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「OSコマンドインジェクション」の脆弱性「CVE-2023-49897」が明らかとなったもの。製品にログインできる場合、任意のOSコマンドを実行することが可能になるという。

JPCERTコーディネーションセンターでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアを「8.0」と評価。すでに脆弱性を悪用した通信を確認しているという。

同脆弱性は横浜国立大学の九鬼琉氏、佐々木貴之氏、吉岡克成氏よりJPCERTコーディネーションセンターへ報告があり調整を実施した。またほぼ同時期にAkamai SIRTが米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)へ報告を行っており、JPCERT/CCが調整を行った。

同脆弱性を修正したファームウェア「バージョン2.0.10」が提供されており、アップデートを実施した上で「工場出荷時設定」をリセットし、管理画面ログイン用のパスワードを初期設定から変更するよう呼びかけられている。

(Security NEXT - 2023/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施