Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ダウンローダーが活発、Flash Playerの脆弱性狙う攻撃も - ESETレポート

キヤノンITソリューションズは、ESETがまとめた4月に国内で観測されたマルウェアのランキングを発表した。ダウンローダー型トロイの木馬が、上位10件中、6件を占めている。

4月に国内で最も多く検出されたマルウェアは、3月と同じく「Win32/TrojanDownloader.Waski.A」だった。インターネットから別のマルウェアをダウンロードするトロイの木馬で、一時減少傾向にあったものの、2月から再び増加傾向が続いている。マルウェア全体に占める割合も、前月の5.9%から9.9%へ4ポイント上昇した。

ダウンローダーは、「Win32/TrojanDownloader.Waski.A」以外にも多数検知されており、3位の「Win32/Wigon.PH」や4位の「Win32/TrojanDownloader.Small.ADP」など、同社ランキングの上位10位圏内に6件が入った。

また2番目に多く検出されたのは、前月と変わらず「SWF/Exploit.Agent.FE」。全体から見た割合は4.8%で、前月の5.4%から微減した。同マルウェアは、「Shockwave」の不正なコードにより、2月および3月に修正されたFlash Playerの既知の脆弱性を攻撃する。

ESETがまとめた4月のマルウェアランキングは以下のとおり。

1位:Win32/TrojanDownloader.Waski.A
2位:SWF/Exploit.Agent.FE
3位:Win32/Wigon.PH
4位:Win32/TrojanDownloader.Small.ADP
5位:HTML/Iframe.B.Gen
6位:Win32/TrojanDownloader.Waski.B
7位:Win32/TrojanDownloader.Zurgop.BK
8位:HTML/ScrInject.B.Gen
9位:Win32/TrojanDownloader.Agent.RZI
10位:Win32/PSW.Fareit.A

(Security NEXT - 2014/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
警察庁、年間6740件の標的型攻撃を把握 - 9割は「ばらまき型」