Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福祉や介護に関する相談者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 川崎市

川崎市は、地域包括支援センターが同市に提出した業務報告用USBメモリが所在不明になっていることを明らかにした。

所在が不明になっているのは、地域包括支援センターが同市中原区役所保健福祉センターに提出した業務報告用USBメモリ。

同区役所において、4月18日に提出されたUSBメモリのデータを取り込んだが、その後の行方はわかっていない。5月26日に提出した支援センターから返却を求められ、紛失していることへ気が付いた。

所在がわからなくなっているUSBメモリには、高齢者の医療や福祉に関する相談対応などの情報が保存されており、相談者の氏名や住所、電話番号、生年月日、要介護度、世帯状況、緊急連絡先の氏名と電話番号など個人情報1696件が含まれていた。個人情報含むデータには、パスワードが設定されているという。

(Security NEXT - 2014/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸