Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福祉や介護に関する相談者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 川崎市

川崎市は、地域包括支援センターが同市に提出した業務報告用USBメモリが所在不明になっていることを明らかにした。

所在が不明になっているのは、地域包括支援センターが同市中原区役所保健福祉センターに提出した業務報告用USBメモリ。

同区役所において、4月18日に提出されたUSBメモリのデータを取り込んだが、その後の行方はわかっていない。5月26日に提出した支援センターから返却を求められ、紛失していることへ気が付いた。

所在がわからなくなっているUSBメモリには、高齢者の医療や福祉に関する相談対応などの情報が保存されており、相談者の氏名や住所、電話番号、生年月日、要介護度、世帯状況、緊急連絡先の氏名と電話番号など個人情報1696件が含まれていた。個人情報含むデータには、パスワードが設定されているという。

(Security NEXT - 2014/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む私物USBメモリ紛失で中学教諭を懲戒処分 - さいたま市教委
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
小学校で児童の個人情報含む私用USBメモリを紛失 - 尼崎市
海外研修で引率教諭が鞄置き忘れ、個人情報紛失 - 立命館宇治中高
患者情報9000件含むUSBメモリが所在不明 - 富山市民病院
教諭が生徒情報含むUSBメモリをリュックごと紛失 - 千葉市
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
健康保険関連の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 蒲郡市
症例要約含むUSBメモリを医学部で紛失 - 群馬大
保育園駐車場で車上荒らし、健診データ含む個人情報が盗難 - 三重県