Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Reader/Acrobat」の脆弱性狙うマルウェアが国内で拡大中

国内において「Adobe Reader」の既知の脆弱性を狙ったマルウェアが、ゴールデンウィーク以降、拡大していることがわかった。

ESETにおいて「Adobe Reader」や「Adobe Acrobat」の既知の脆弱性を攻撃するマルウェア「PDF/Exploit.CVE-2013-2729」の検知数が増加しているもの。同社製品を取る扱うキヤノンITソリューションズが注意を呼びかけた。

20140520_ci_001.jpg
「PDF/Exploit.CVE-2013-2729」検出数推移(グラフ:ESET)

同マルウェアは、PDFファイルを装い、脆弱性「CVE-2013-2729」を攻撃するトロイの木馬。脆弱性を悪用されると端末の制御を奪われるおそれがある。

同マルウェアが最初に観測されたのは2013年6月26日。Adobe Systemsでは、2013年8月のアップデートで攻撃対象となっている「CVE-2013-2729」を修正しているが、マルウェア発生当初はゼロデイ攻撃の状態だった。

登場から10カ月以上経過した同マルウェアだが、イギリスにおいて感染が拡大。またイギリスほどではないが、日本やオーストラリアなどでも検知されている。特に日本では、4月にほとんど感染は見られなかったが、5月に入り感染が増加。5月6日に5月12日にピークを迎えた。今後の動向が注目される。

(Security NEXT - 2014/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート - 脆弱性5件を解消
「Adobe Flash Player」にアップデート - セキュリティ関連の修正含まず
予告より1日前倒し、「Adobe Acrobat/Reader」アップデートが公開 - 脆弱性86件を修正
「ColdFusion」狙う攻撃が発生、早急に更新を - 適用優先度を急遽最高値に引き上げ
Adobe、10月2日に「Acrobat/Reader」の定例外アップデートを予定 - 前回更新から2週間足らず