Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MS Edge」にセキュリティアップデート - 独自含む5件の脆弱性を解消

マイクロソフトは、同社ブラウザ「Microsoft Edge」のセキュリティアップデートをリリースした。「Chromium」に判明した脆弱性に加え、独自の修正も行っている。

「Chromium 120.0.6099.217」「同120.0.6099.216」がリリースされたことを受け、これらバージョンをベースとする「Microsoft Edge 120.0.2336.0」を現地時間1月11日にリリースしたもの。

「Chromium」にて修正された機能拡張における検証不備の脆弱性「CVE-2024-0333」にくわえて、「Microsoft Edge」固有の脆弱性4件に対処している。

具体的には重要度が「警告(Moderate)」とされる権限昇格の脆弱性「CVE-2024-21337」やサービス拒否の脆弱性「CVE-2024-20721」を解消した。

さらに重要度「低(Low)」の脆弱性2件に対応。セキュリティ機能をバイパスされるおそれがある「CVE-2024-20675」や、AdobeのJavaScriptにおけるPDFの実装に判明した「CVE-2024-20709」を修正している。

(Security NEXT - 2024/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応
ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古