Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTソフト、メール添付ファイルを制御できるソリューション - マルチメーラ対応

NTTソフトウェアは、送信したメールの添付ファイルにおけるアクセス権をあとから制御できる「WatchDoxマルチメーラ対応ソリューション」を提供開始した。

同ソリューションは、既存のメールソフトと連携し、メールを送信した後でも添付ファイルを制御できるセキュリティソリューション。添付ファイルはメール送信時に暗号化、操作制限や有効期限を設定できる。権限は、送信後でも変更することが可能。

ファイルの閲覧や印刷、有効期限などが制御できるため、送信相手からのファイル流出や、不特定多数のアクセスを防ぐことができる。さらに操作履歴の追跡にも対応している。

基本的な制限パターンはあらかじめ用意しており、メールサーバからの送信ルート上にWatchDoxアダプタサーバを設置するだけで利用開始できる。初期費用は1ユーザーあたり540円。利用料金は100ユーザーの場合168万4800円/年。

(Security NEXT - 2014/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など