Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CipherCraft/Mail 標的型メール対策」に新版 - 体験型訓練機能を搭載

NTTソフトウェアは、体験型訓練機能や不審メール自動検出機能を搭載した「CipherCraft/Mail 標的型メール対策」の最新版を発売した。

同製品は、過去に受信したメールの特徴を学習し、通常と異なる特徴や標的型攻撃の特徴を持つメールを自動検知してユーザーに通知する。通知を受けたユーザーが安全と判断した場合は受信し、危険と判断した場合は受信を拒否して削除できる。

最新版では、標的型攻撃の疑いがあるメールを実際に受信した場合を想定し、その対応を訓練できる機能を搭載した。管理者は、標的型攻撃メールを模した訓練メールを作成して送信。受信者はメール受信確認画面から、どんな偽装が施されているかを体験して学ぶことで、危機意識や対応力を向上させることができるという。

また、偽装された添付ファイルや不審なURLを自動検知し、事前に開封して安全性を確認する標的型攻撃マルウェア対策クラウドサービス「Lastline Enterprise」との連携に対応した。

(Security NEXT - 2014/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供
100以上の項目で標的型攻撃対策を評価する診断サービス
偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
国内着弾標的型攻撃の解析情報をYARAルールで - マクニカネット
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
攻撃の対処要否を自動判断するための学習データ生成技術を開発 - 富士通研
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック