Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBMとマクニカが協業、MMSにファイア・アイ製品を追加

日本IBMとマクニカネットワークスは、セキュリティ監視分野で協業すると発表した。

両社は今回の協業を通じて、IBMのマネージドセキュリティサービス「IBM Managed Network Security Services」の対応プラットフォームにファイア・アイ製品を追加するもの。

マクニカネットワークスでは、同製品に関する技術支援や顧客研修支援、検証機器の貸し出しなどを進め、日本IBMでは2014年第3四半期より、ファイア・アイ製品を活用した運用監視サービスを提供する予定。

(Security NEXT - 2014/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品