Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府機関における「Windows XP」の使用状況を公表 - NISC

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は、政府機関における「Windows XP」の使用状況について調査を実施し、結果を取りまとめた。

政府機関について、4月9日時点の「Windows XP」利用状況を調査したもの。前回2013年11月に調査を実施した際、20機関で約25万台の「Windows XP」が稼働しており、6機関の約5000台が対策の目処がついていなかったため、サポート終了にあわせてフォローアップ調査を実施した。

2013年12月に開催した情報セキュリティ対策推進会議では、ソフトウェアのアップグレードや機器の交換、インターネット接続の中止などを対策として申し合わせていたが、同センターによれば、地方支分部局を含む21の政府機関を調べたところ、4月9日の時点でいずれの機関も対策を講じていることを確認したという。

(Security NEXT - 2014/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Windows 10」利用者が5割超に - 一方で旧版アプリを半数以上が利用
米政府、北朝鮮攻撃グループが悪用したマルウェア「Joanap」「Brambul」の情報を公開
医療業界やサプライチェーン狙う攻撃グループを確認 - 標的はレガシーシステムか
米政府、北朝鮮製の破壊型マルウェアの情報を公開 - Windows XP向け機能も
「Windows 7」「WS 2008」の移行準備を - 攻撃増加懸念される東京五輪直前にサポート終了
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給
「Petya」も狙う「MS17-010」の脆弱性、少なくとも4000万台弱の未修正端末が稼働
MS、「Windows XP」などサポート終了OS向けに緊急パッチ - LAN内端末狙う「WannaCrypt」対策で
MS、国家関与などで脅威高まる脆弱性を公表 - 旧OSにパッチ供給、ゼロデイ脆弱性にも対応
サポート終了「IIS 6.0」の脆弱性を狙う攻撃を観測 - ただちに対策を