Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KADOKAWA、不正アクセス受けたサイトを再開 - 情報流出やウイルス感染は確認されず

出版大手KADOKAWAのウェブサイトが不正アクセスを受け、サイトを一時停止していた問題で、同社は、調査と再発防止策が完了したとして、4月7日よりサイトを再開した。

20140408_ka_001.jpg
調査結果を公表したKADOKAWA

同社では、サーバが不正アクセスを受け、フィッシングメールの送信に悪用された可能性があるとして、3月下旬よりサイトを一時的に閉鎖。外部のセキュリティ事業者による調査を行っていた。

調査の結果、不正アクセスによる痕跡と、スパム送信の踏み台に悪用されていたことを確認。サイトの再開にあたり、不正アクセス対策や検知機能の強化、さらにデータセンターの移管、システムの再構築などセキュリティ強化を実施したという。

また今回の不正アクセスによる個人情報の流出や、マルウェア感染を目的としたサイト改ざん被害などについては、あらためて否定している。

(Security NEXT - 2014/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「セキュリティ」テーマの小説コンテストが開催 - 大賞作品は書籍化
政府、セキュリティ啓発でTVアニメ「BEATLESS」とタイアップ
政府、SAOタイアップイベントを開催 - トークショーやマンガ配布、VR体験イベントなど
IPA、ソードアート・オンラインとタイアップ - 啓発マンガを制作
NISCとVRMMOアニメ「SAO」がタイアップ - IPAも採用か
「PerfectDark」でマンガを違法アップロードした男性を逮捕
ゲーム開発用サーバに不正アクセス、DoS攻撃の踏み台に - KADOKAWA
「Share」でアニメ4作品を違法アップロードした男性が送検
KADOKAWAサイトに不正アクセス - 迷惑メール送信の踏み台に悪用か
不正アクセスでサイト改ざん、閲覧によりウイルス感染の可能性 - KADOKAWA