Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

さらなる情報を流出させたと攻撃者が主張 - KADOKAWAが調査

KADOKAWAは、ランサムウェアなどを用いたサイバー攻撃を受け、システムで障害が発生した問題で、攻撃者があらたな情報流出を主張していることを確認し、調査を進めていることを明らかにした。

今回の問題に関与したとする攻撃者は、これまでも情報を公開したと主張し、一部情報の流出が確認されているが、同グループがさらなる情報を流出させたとするあらたな主張を行っていることを7月2日に確認したという。

同社では、主張内容の信憑性について外部協力のもと調査を進めているが、時間を要すると説明。7月中に調査結果が出るとの見通しを示した。

同社は、攻撃者が公開しているウェブサイトへアクセスすることや、データのダウンロードは、マルウェア感染などのおそれもあるとして注意を喚起。

またデータを拡散することによって深刻な影響を及ぼす可能性もあるとして、SNSへの共有などを控えるよう協力を求めている。

(Security NEXT - 2024/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
小学校で児童の個人情報含む成績ファイルが所在不明 - 尾道市
再就職支援者の個人情報を企業に誤送信 - 東京しごとセンター
オークションへ出品した車両内に個人情報含む書類 - 日産ディーラー
自動車分野のセキュリティ技術を競うCTFイベント - 経産省
ウェブベースの管理ツール「Webmin」に複数脆弱性