Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ利用者狙う攻撃が増加傾向 - 韓アンラボ

韓アンラボは、スマートフォン利用者を狙い、情報を抜き取るマルウェアが増加しているとして注意を呼びかけている。

20140325_al_001.jpg
検知推移(表:アンラボ)

同社では2014年1月、2月にあわせて1500件のマルウェアを捕捉。2012年は年間を通じて29件、2013年は5206件であり、これらと過去と比較すると、1カ月あたりの検知数が大きく増加している。

これらマルウェアは、「セキュリティ対策アプリの案内」「結婚式」「健康診断」といった内容に便乗しているケースが多く、メールやSMS経由で拡散したり、SNS経由で広がっているという。

同社は、スマートフォン利用者の増加にくわえ、インターネットバンキングや決済、株の取引に活用が進んでおり、攻撃が増加していると指摘している。

同社は、SNSなどに投稿されたURLをむやみにクリックしたりせず、セキュリティ対策アプリを活用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査
2019年4Qのフィッシング、前四半期比1.5倍に - RSA調査
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず