Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「マレーシア航空の搭乗者を救助」と騙す動画に注意 - マルウェア感染のおそれ

マレーシア航空の旅客機「MH370便」が3月8日より消息を絶っている問題で、話題に便乗したサイバー攻撃が発生している。

ESETによれば、旅客機の搭乗者が救助されたとされるニュースを装った動画が出回っているもの。問題の動画は、水上に浮かぶ旅客機から人を救助されるものだが、実際は2013年にバリで水上に旅客機が着水した際の模様を収めた動画で、今回の行方不明となっている「MH370便」とは一切関係ないものだった。

これ以外にも偽の動画が出回っており、Facebook上で拡散。こうした動画は、マルウェアへ感染させたり、個人情報の収集などに用いられていたという。

ESETによれば、すでに問題の動画は削除されているが、注目が集まるニュースにサイバー犯罪者が便乗するケースが多いとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
偽の仮想通貨「SpriteCoin」で忍び寄るランサムウェア - 収益性高いと吹聴
「アマゾン」装う架空請求が発生 - 支払いに「Amazonギフト券」要求
米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念
Google Playに複数の偽「WannaCry対策アプリ」 - 便乗アプリに注意を
「詐欺被害相談サイト」に見せかけた架空請求に注意を - 電話番号でSEOか
注目事件へ便乗するマルウェアメールに注意を - 「WannaCrypt」騒ぎにも便乗か
4月にフィッシング報告が半減 - 誘導先URLや悪用被害のブランドも減少