Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FFRI、「FFR yarai 2.4」をリリース - 「Windows 8」などを正式サポート

FFRIは、同社セキュリティ対策ソフト「FFR yarai」の新版となる「同Version2.4」を提供開始した。英語版も用意している。

同製品は、未知の脆弱性に対する攻撃やマルウェアに対応するセキュリティ対策ソフト。定義ファイルに依存せず、攻撃の特徴を4種類のヒューリスティックエンジンで分析、防御する。

最新版では、「Windows 8」「Windows 8.1」「Windows Server 2012」をサポート。また「syslog通知機能」を追加しており、検知端末やファイルパス、検出理由などを通知できる。

また同シリーズには、脆弱性対策に特化した「FFR yarai 脆弱性攻撃防御機能」や管理コンソール「FFR Enterprise Management Console」をラインナップとして用意している。管理コンソールの最新版では、検体収集機能を追加したほか、クライアント管理機能を強化している。

(Security NEXT - 2014/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
バグバウンティプログラムの報奨金額上限を増額 - Kaspersky
【特別企画】「ウェブフィルタリング=入口対策」はあたりまえ、内部からの不審通信対策にも効果がある「あの製品」
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
「Flash Player」へのゼロデイ攻撃、「BlackOasis」が関与か - 「FinFisher」感染狙い
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調