Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正サイト検知数は5.7%増、格安ランドセル販売を装うフィッシングも

BBソフトサービスは、2月に同社のセキュリティ対策ソフト「Internet SagiWall」で検知した不正サイトの状況を取りまとめた。

同社によれば、2月の不正サイト総検知数は71万6045件。2月は日数が少ないにもかかわらず、前月の67万7141件から5.7%増となった。「ワンクリック、不当請求詐欺サイト」の占める割合が0.4ポイント上昇し、98.8%となった。

そのほか種類別に見ると、「フィッシング詐欺サイト」が0.8%、「偽セキュリティ対策ソフト配布サイト」が0.2%で、いずれも前月より0.2ポイント後退。「脆弱性悪用サイト」は0.2%で前月から変化はなかった。

また2月には、小学校へ新入学する子どもの保護者を狙ったフィッシング詐欺サイトが確認されたという。ランドセルが最大50%オフで購入できると宣伝して、情報を詐取しようとしていた。同社では、季節の需要にあわせて詐欺サイトを立ち上げるケースが多く見られるとして、注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
2016年3Qのフィッシング、3四半期連続で20万件超
2016年4Qのフィッシングは28万件超 - 過去2番目の規模