Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シスコ、ウェブやメール保護にサンドボックスを利用したマルウェア解析機能

シスコシステムズは、Sourcefireのマルウェア対策技術を、ウェブやメール用のセキュリティアプライアンスや、クラウドウェブセキュリティサービスに追加した。

米国法人のCisco Systemsが、2013年にIDSやファイアウォール、マルウェア防御などの技術を保有する米Sourcefireを買収しており、今回コンテンツセキュリティのソリューションを拡充した。

同社では、Sourcefire以外にも買収したCognitive Securityの分析技術「Cognitive Threat Analytics」をオプションとして追加するなど、セキュリティ技術の統合を進めている。

Sourcefireの技術は、サンドボックスによるマルウェア解析や、継続的な分析により攻撃を可視化する機能が特徴で、従来よりシスコが提供しているウェブやメール向けのセキュリティアプライアンスや、クラウドウェブセキュリティサービスなどへ統合。オプションとして展開し、シームレスに高度な脅威へ対応できる環境を提供する。

さらに「FireAMP」のアプライアンスとして、「FirePOWER 8300シリーズ」4製品をラインナップに追加した。スタッキングに対応しており、既存のNetModsと連動させることが可能。クライアントソフトとの連動により、パソコンやモバイルデバイスなどエンドポイント保護も実現する。

(Security NEXT - 2014/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ソフォス、クラウド型サンドボックスの国内運用を開始
ファイア・アイ、中小企業向けに運用保守まで含めたパッケージ
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
マカフィー、サンドボックスやSIEMなど法人向け製品に新版
カスペルスキー、ITインフラ全体の情報から攻撃を検知するソリューション