Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

モバイルマルウェアの96.5%がAndroidを標的に - 「iOS」「BlackBerry」など1%未満

2013年に検出されたモバイルマルウェアの大半が、Androidを標的としたものであるとの調査結果を米Fortinetが取りまとめた。

米Fortinetが、2013年の脅威観測結果をまとめたもの。2013年に検出したあらたなマルウェアファミリーは1800以上にのぼり、検出したモバイルマルウェアの96.5%が、Androidを標的にしている。次いで多いSymbianは、わずか3.5%で、さらに「iOS」「BlackBerry」「PalmOS」「Windows Phone」は合計しても1%に満たなかった。

2013年にもっとも報告数の多かったモバイルマルウェアは「Android/NewyearL.B」。同マルウェアは一見無害なアプリを装って配布され、感染を広げた。モバイルマルウェアファミリーの上位10種は以下の通り。

1位:Android/NewyearL.B
2位:Android/DrdLight.D
3位:Android/DrdDream
4位:Android/SMSSend Family
5位:Android/OpFake Family
6位:Android/Basebridge.A
7位:Android/Agent Family
8位:Android/AndCom.A
9位:Android/Lotoor Family
10位:Android/Qdplugin.A

(Security NEXT - 2014/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に
2017年4Qの脆弱性登録は3719件 - 「Android」が最多、「tcpdump」も上位に
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に
カスペ、2016年度は258万台からランサム検知 - 暗号化型が1.6倍