Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT、ビッグデータのパーソナル情報を匿名化するソフトを開発

NTTセキュアプラットフォーム研究所は、ビッグデータに含まれるパーソナルデータのプライバシーを保護しつつ、有効活用できるデータへ加工できる匿名化システムを開発したと発表した。

同システムは、ビッグデータに含まれる個人情報を「k-匿名性」を満たす匿名化したデータに加工できるソフトウェア。パーソナルデータを保有する事業者向けに提供する。

匿名化処理方法の選択し、分析に用いるパーソナルデータの項目の選択、パラメータを決定することで、「k-匿名性」を満たした「匿名化データ」を出力する。

希少な人のデータを取り除く「削除」や、項目の値をより粗くする「一般化」などの機能を備えており、個人が直接特定できる情報の除去し、データから個人を絞り込めないようにデータを加工することが可能。

また同社独自の「Pk-匿名化」により、「ランダム化」によって「k-匿名性」を満たした利用価値の高いデータを作成することが可能だという。

NTTでは、同社グループを通じて今後半年以内を目途に、ビッグデータ分析支援のソリューションとして提供する予定。

(Security NEXT - 2014/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業
「個情法改正大綱」でパブコメ実施中 - 逸脱利用を制限
VMware、Carbon Blackの買収で合意
オンライン本人確認事業で合弁会社検討 - セブン銀とISID
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
【特別企画】IoTで実現する「データ主導社会」、成功のカギは? - 総務省谷脇氏
不正競争防止法改正案、データの不正取得や保護破りサービスも対象に
政府、サイバーセキュリティの研究開発戦略について意見募集
「MongoDB」の探索行為、国内でも増加を観測 - 「ビッグデータ」が標的に
パーソナルデータの利活用、「期待より不安」が過半数