Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から

情報処理推進機構(IPA)は、ITパスポート試験(iパス)の出題範囲やシラバスを改訂した。2019年4月の試験から、情報セキュリティに関する項目などが追加される。

同試験は、2009年度よりスタートしたITに関する基礎知識を評価する国家試験。IoTやAI、ビッグデータなど技術の進展にともない、見直しを実施した。

具体的には、出題範囲とシラバスに、AIやIoT、フィンテック、仮想通貨、ドローン、コネクテッドカー、シェアリングエコノミー、アジャイル、DevOpsなど新しい技術に関する項目や用語を追加。

また情報セキュリティに関する項目も拡充。サイバーセキュリティ経営ガイドライン、不正のトライアングル、DLP、ブロックチェーン、多要素認証、IoTセキュリティガイドラインなどが含まれる。

さらに出題内容についても、新技術に関する問題の割合を2分の1程度まで高める予定。試験時間や出題数、採点方式、合格基準に変更はないという。

(Security NEXT - 2018/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市
取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
教員アカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 創価大
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金