Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「MD5ハッシュ」のルート証明書を無効化へ - 自動更新でプログラム配信

日本マイクロソフトは、2月の月例セキュリティ更新プログラムの公開にあわせ、「MD5ハッシュ」を使用したルート証明書の使用を制限するプログラムを自動更新で配布する予定だ。

「MD5ハッシュ」の危殆化が指摘されており、より安全なアルゴリズムへの移行が求められていることから、更新プログラムを通じて「MD5ハッシュ」を利用したルート証明書の無効化を実施するもの。同社では、2013年8月より同プログラムをダウンロードセンターで公開してきたが、Microsoft Updateによる配布に切り替える。

同プログラムでは、ルート証明書プログラムに参加している認証局のもとで発行されたサーバ認証、コード署名、タイムスタンプなどの証明書を対象としており、プログラム適用後は、対象の証明書を利用できなくなるという。

ただし、コード署名証明書については、2009年3月以前に署名されたバイナリについては引き続き動作可能。また4月でサポートを終了する「Windows XP」や、2015年7月15日にサポートを終了を迎える「Windows 2003 Server」については対象外としている。

(Security NEXT - 2014/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校
ふるさと納税寄付者の個人情報が流出、郵便誤配達で - 八千代市
医療情報狙う攻撃 - 新型コロナ前後の国内観測動向は
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
露「APT29」、ワクチン情報狙いサイバー攻撃か - 2018年の国内検知マルウェアとも関連
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
DigiCertの一部「EV SSL証明書」に不備 - 失効させ再発行
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
DV被害者住所をミスで加害者へ漏洩 - 三鷹市