Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Flash Player」の脆弱性狙うマルウェアが活発 - ESETまとめ

ESETは、2013年12月に国内外におけるマルウェアの検知状況を取りまとめた。日本国内では、「Adobe Flash Player」における既知の脆弱性を狙った攻撃が目立っている。

今回の調査で最多だったのは、他マルウェアの多重感染を引き起こすダウンローダー型のトロイの木馬「Win32/TrojanDownloader.Waski.A」。国内で検知されたマルウェアの約6.8%にのぼる。

目立った動きを見せたのが、「Adobe Flash Player」の脆弱性を悪用するマルウェア「SWF/Exploit.Agent.FE」。細工したShockwaveのコードにより感染活動を広げる。検出率は5.2%で2位。前月の5位から一気に上昇した。

3位に入ったのも、他マルウェアの感染を引き起こすダウンローダー「Win32/TrojanDownloader.Wauchos.X」で検出率は4.9%だった。

一方ワールドワイドを見ると、リムーバブルメディア経由で感染を広げる「Win32/Bundpil」が最多。感染すると外部よりファイルをダウンロードし、多重感染が広がる。

次いで多かったのが、リンクファイルの機能を悪用した「LNK/Agent.AK」。3位にポリモーフィック型マルウェアの「Win32/Sality」が続いている。

国内におけるマルウェアのランキングは以下のとおり。

国内マルウェアランキング

第1位:Win32/TrojanDownloader.Waski.A
第2位:SWF/Exploit.Agent.FE
第3位:Win32/TrojanDownloader.Wauchos.X
第4位:Win32/Boaxxe.BE
第5位:Win32/Wigon.PH
第6位:JS/Iframe.IX
第7位:JS/Kryptik.AMT
第8位:NSIS/TrojanDropper.Agent.BJ
第9位:Win32/TrojanDownloader.Agent.RZI
第10位:INF/Autorun.Sz

(Security NEXT - 2014/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
セキュ製品が期待通り機能せず、侵害発生後に判明 - 半数が経験
最新のセキュリティ対策製品を導入しても約5%がウイルス感染 - カスペルスキーが情報共有の重要性を指摘
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
「Mirai」感染狙うIoT機器狙った11種類のアクセス - 12月より増加
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
金融機関の4割、攻撃を経験 - 1割で業務などに影響
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表