Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware ESX」に任意のファイルへアクセス可能となる脆弱性

「VMware ESX」および「同ESXi」において、任意のファイルにアクセス可能となる脆弱性「CVE-2013-5973」が明らかとなった。

脆弱性ポータルサイトのJVNによれば、仮想マシンファイル記述子の処理に問題が存在。「vCenter Server」においてディスクを追加するコマンド権限が許されている利用者によって、任意のファイルを読みとられる可能性がある。

影響を受けるのは、「ESXi 5.5」「同5.1」「同5.0」「同4.1」「同4.0」および「同ESX 4.1」「同4.0」で、脆弱性を修正するパッチが提供されている。なお「VMware vCloud Director」については影響は受けない。

今回の脆弱性は、Shanon Olsson氏がJPCERTコーディネーションセンターへ報告。同センターが調整を実施した。

(Security NEXT - 2013/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市
不正アクセスで顧客情報1.3万件が流出した可能性 - 愛媛CATV
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ