Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware ESX」に任意のファイルへアクセス可能となる脆弱性

「VMware ESX」および「同ESXi」において、任意のファイルにアクセス可能となる脆弱性「CVE-2013-5973」が明らかとなった。

脆弱性ポータルサイトのJVNによれば、仮想マシンファイル記述子の処理に問題が存在。「vCenter Server」においてディスクを追加するコマンド権限が許されている利用者によって、任意のファイルを読みとられる可能性がある。

影響を受けるのは、「ESXi 5.5」「同5.1」「同5.0」「同4.1」「同4.0」および「同ESX 4.1」「同4.0」で、脆弱性を修正するパッチが提供されている。なお「VMware vCloud Director」については影響は受けない。

今回の脆弱性は、Shanon Olsson氏がJPCERTコーディネーションセンターへ報告。同センターが調整を実施した。

(Security NEXT - 2013/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 74.0.1」が公開、ゼロデイ脆弱性を修正 - 標的型攻撃を確認
BD製医療機器にキオスクモード回避のおそれ
ウェブ実行環境を分離するクラウドサービス - プルーフポイント
新ビジネスモデルを個人情報保護の観点から相談できる窓口
「ウイルスに感染している」とiPhoneで偽通知 - カレンダー招待機能を悪用
国交省、自動運転車の安全基準を策定 - サイバーセキュリティの確保も
複数小学校でアンケート結果や通知表などを誤配布 - 大阪市
組織内に新型コロナ感染者や濃厚接触者、情報提供時の注意点は?
新型コロナ対策での個人データ活用、例外規定適用に言及 - 個情委
フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多