Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月のフィッシング攻撃、前月比3割減 - 大幅減だが依然として高水準

EMCジャパンRSA事業本部は、11月におけるフィッシング攻撃の検知状況を取りまとめた。10月は同社の調査開始以来はじめてとなる6万件台と過去最悪を記録したが、4万件台まで縮小している。

20131224em_001.jpg
フィッシング攻撃件数の推移(グラフ:EMC)

同社が11月に観測したフィッシング攻撃は4万2364件。ピークを迎えた前月の6万2105件からは31%減と大きく改善した。ただし、7月以降、8月を除いていずれも4万件以上と高い水準で推移しており、予断を許さない状況だ。

フィッシング攻撃を受けた回数の割合を国別に見ると、米国が76%と約4分の3を占める。前回から5ポイント改善するも高い割合を占めている。「イギリス(5%)」「インド(4%)」が続いた。

フィッシング攻撃を受けたブランドは344件。5月以降緩やかに減少し、10月には265件まで縮小したが、11月に入り攻撃対象となったブランドが増加した。5回以上の攻撃を受けたブランドは187件。今回はじめて攻撃を受けたブランドはなく、特定のブランドが繰り返し標的になっている。

攻撃を受けたブランドの割合を国別にみると米国が26%で最多。前回から6ポイント下げている。イギリスが3%増加して12%、さらにインドが6%と続き、トップ3の順位に変化は見られない。

フィッシングサイトのホスト国の割合は、2ポイント上昇した米国が47%でトップ。ドイツとイギリスが6%と同率で続いた。日本国内でホストされたフィッシングサイトは、前回の3件から7件へと増加している。

(Security NEXT - 2013/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多
クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
シニアの25%がフィッシングに遭遇 - 4割強が相談相手いない
フィッシングURLは過去最多 - 報告やブランド悪用も増加
SMSによる偽不在通知の相談、2年で2000件超
1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇