Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイア・アイ、インシデント検知時に解析結果や対策をレポートする新サービス

ファイア・アイは、サイバー攻撃のインシデント検知時に、解析結果や対応策を提供するオプションサービスを2014年1月より提供開始する。

あらたなオプションメニューとして追加した「ファイア・アイ ラピッド・レスポンス・サービス」は、サイバー攻撃に用いられたファイルやURLを分析。結果や対策について情報提供するレポートサービス。

感染の抑制や除去する方法などレポートについては4時間以内に英文で回答。悪意ある振る舞いやファイルの有無、コマンド&コントロールサーバのドメイン名、IPアドレス、データ漏洩の有無など解説する。また電話によるコンサルティングサービスもメニューに用意しており、24時間以内にコンタクト方法が通知される。

(Security NEXT - 2013/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機