Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約半数の就活生や社会人、「周囲にSNS炎上リスクない」 - トレンド調査

トレンドマイクロは、11月に実施した「就活生と社会人のSNS利用とプライバシー意識に関する調査」の結果を取りまとめた。

同調査は、「Facebook」「Twitter」「Google+」のいずれかを利用している355人を対象に実施したもので、内訳は2015年度に向け就職活動を実施予定の学生107人、および社会人248人。11月15日から19日にかけて、ウェブアンケート方式で行った。

調査結果によると、学生の82.2%がSNSで日常の出来事を不特定多数に公開していると回答。社会人でも54.8%と半数以上を占めた。投稿する際にどの範囲まで情報が公開されるか意識しているかとの問いに対し、学生の35.5%、社会人の29.4%が「意識していない」と回答している。

学生の49.5%、社会人の35.1%が、友人や知人の写真を投稿したことがあると回答。一方、自分が写っている写真を無断で他人に公開されたことがあると回答したのは、学生で49.5%、社会人で24.6%。このような無断公開について、学生では58.5%、社会人では70.5%が「不快、どちらかというと不快」と回答した。

20131210tm_001.jpg
周囲に炎上リスクがあると思うか?(グラフ:トレンドマイクロ)

またSNSでの炎上について、学生の53.3%、社会人の45.2%が「自分の周囲にリスクはない」と考えていた。調査を実施したトレンドマイクロでは、新社会人に対するSNS利用の従業員教育が、企業の重要課題になると指摘している。

(Security NEXT - 2013/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
政府、「サイバーセキュリティ国際キャンペーン」 - ASEAN諸国と連携
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
闇市場に「フェイクニュース」作成拡散サービス - 「いいね!」1000件が約2円から
実在組織名用いたメール攻撃訓練でトラブルのおそれも - IPAが注意喚起
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
2016年のフィッシング報告数、微減となるも1万件超 - 悪用被害ブランドが1.6倍に
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
IPA、小中高生向け啓発コンクールの作品募集を開始
LINE、FIDOアライアンスにボードメンバーとして加盟