Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本クラウドセキュリティアライアンスが一般社団法人化

日本クラウドセキュリティアライアンス(CSAジャパン)は、組織形態を任意団体から一般社団法人に変更した。資金やリソースを確保し、積極的な活動を展開する。

利用が急速に拡大し、社会的情報基盤としても活用される一方、セキュリティ上のリスクが議論されているクラウドコンピューティングのセキュリティについて、同団体では、調査研究や提言、教育活動を展開、推進していく。

非営利団体である「Cloud Security Alliance(CSA)」の日本支部として、2010年6月より活動をスタート。講演や「CSAクラウドセキュリティガイダンス」や「クラウド・コントロール・マトリクス(CCM)日本語版」の提供など活動を展開してきた。

これまでボランティアによって運営してきたが、12月3日に設立総会を開催。一般社団法人として再発足した。法人化により企業会員を迎えることで、資金やリソース、機能を確保する。

国内のクラウドベンダーと利用者が、クラウドのセキュリティに関する情報を入手したり、認識を共有できるようコミュニティを提供。ベストプラクティスの形成なども行う。

またCSAやAPAC本部の活動に参加。日本のステークホルダーを代表して意思や利害の反映を目指すほか、本部の成果を日本支部の会員へ還元していく。

(Security NEXT - 2013/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
サイバーセキュリティクラウド、東証マザーズへ上場
ID-based Securityイニシアティブが発足
クラウド設定のテンプレ、設定ミスがクラウド環境全体のリスクに
政府、医療情報システムの安全管理GL案を策定 - 意見を募集
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2019年4Qのセキュリティ相談、7.6%増 - IPAまとめ
ドイツ政府が懸念する産業用制御システムの10大脅威とは
2019年の国内セキュソフト市場は2638億円 - SaaSが大きく成長
Accenture、BroadcomからSymantecのセキュリティサービス事業を買収