Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

著名セキュリティ企業を装って偽パッチを送り付ける手口に注意

セキュリティ企業を装ってメールを送り付け、システムの更新プログラムなどと説明してマルウェアに感染させようとする攻撃が、複数のセキュリティベンダーで確認されている。

問題の偽メールは英文で記載されており、Microsoftやセキュリティベンダーが送信したかのように偽装。インターネット上に脅威へ対応するため、添付ファイルを実行してシステムを更新する必要があるなどとユーザーの不安を煽る内容だった。

送信元として名前が悪用されている企業は、Microsoftをはじめ、Symantec、McAfee、Trend Micro、Kaspersky、ESET、Avast!、AVG、Aviraなど多岐にわたり、日本国内でも馴染みのある企業名が並ぶ。

問題のメールでは、添付ファイルが、セキュリティ更新プログラム「KB923029」であるかのように説明をしているが、そのようなプログラムは実在せず、もし存在したとしても、セキュリティベンダーなどがメールで提供することはありえない。

メールに騙されて、ユーザーが誤ってファイルを実行してしまうと、悪質なファイルがダウンロードされ、Zeusなどに感染するおそれがある。セキュリティベンダーでは、予期せず受け取った添付ファイルを安易に開かないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ギフト券30万円分の受注に見せかけたマルウェアメールが流通
「アマゾン」装う架空請求が発生 - 支払いに「Amazonギフト券」要求
佐川急便装う「偽請求メール」、中身はマルウェア - パソコンからのアクセス促す
アドビ装い「支払い確認できない」とだますメールに注意
メールの「荷物問い合わせサービス」リンクにワナ - 佐川急便が注意喚起
OMCカード会員狙うフィッシング - 約1年3カ月ぶりの注意喚起
架空請求書でだます偽Amazon - キャンセル手続き装いつつクレカ情報要求
セゾンカード利用者だますフィッシング攻撃 - 「不正アクセスを確認」と不安煽る
金融機関職員装い電話でワンタイムパスワードを聞き出す詐欺 - 情報収集のケースも
先週のAppleに続きMSのフィッシング攻撃が発生中