Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イベントログを一元管理する「McAfee SIEM」に新版 - 世界の脅威情報と関連づけて分析可能

マカフィーは、イベント情報を収集、管理できる「McAfee SIEM v9.3.1」の日本語版を、11月25日より提供開始する。

同製品は、セキュリティ機器などのログやイベント情報を一元管理するとともに、ユーザーやシステム、脅威、対策などの情報と関連づけ、リアルタイムに分析、可視化できるソリューション。インターフェースも日本語化されている。

1日あたり数十億件のイベント処理に対応。専用に設計したデータベースにより、分析やレポーティングの処理時間を短縮した。世界の脅威情報を収集する同社のクラウド基盤「Global Threat Intelligence」と連携することで、脅威情報とセキュリティイベントを紐付けし、リアルタイムに攻撃を特定することができる。

また「McAfee Risk Advisor」と統合することで、リスクや脆弱性などを踏まえてリスクをスコア化でき、対策を優先順位を把握できる。さらに「McAfee Network Security Platform」「McAfee Vulnerability Manager」との連携により、脅威の相関関係を分析し、同社製品に対してポリシーコマンドを送信することが可能。インシデントへ自動的に対応することができる。

(Security NEXT - 2013/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ブランド悪用アプリや機密情報漏洩の検知サービス
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
A10ら、ビジネス版LINEの私的利用を防ぐソリューション
コンテナイメージのリスクを可視化する製品 - トレンド
データ暗号化製品を名称変更 - ESET
サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム
SSOサービスがFIDO2や顔認証に対応 - DDS
無償調査ツールにメモリ検査機能 - ファイルレス攻撃の判定に対応
トレンド、サーバ向け製品の新版 - コンテナ間の攻撃検知に対応