Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イベントログを一元管理する「McAfee SIEM」に新版 - 世界の脅威情報と関連づけて分析可能

マカフィーは、イベント情報を収集、管理できる「McAfee SIEM v9.3.1」の日本語版を、11月25日より提供開始する。

同製品は、セキュリティ機器などのログやイベント情報を一元管理するとともに、ユーザーやシステム、脅威、対策などの情報と関連づけ、リアルタイムに分析、可視化できるソリューション。インターフェースも日本語化されている。

1日あたり数十億件のイベント処理に対応。専用に設計したデータベースにより、分析やレポーティングの処理時間を短縮した。世界の脅威情報を収集する同社のクラウド基盤「Global Threat Intelligence」と連携することで、脅威情報とセキュリティイベントを紐付けし、リアルタイムに攻撃を特定することができる。

また「McAfee Risk Advisor」と統合することで、リスクや脆弱性などを踏まえてリスクをスコア化でき、対策を優先順位を把握できる。さらに「McAfee Network Security Platform」「McAfee Vulnerability Manager」との連携により、脅威の相関関係を分析し、同社製品に対してポリシーコマンドを送信することが可能。インシデントへ自動的に対応することができる。

(Security NEXT - 2013/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム
Cylance製品向けの運用監視サービス - テクマトリックス
WAFの導入や運用を支援するサービス - JP-Secure
NTTコム、セキュリティ強化した翻訳サービス - 専有環境で処理、辞書など暗号化
攻撃の対処要否を自動判断するための学習データ生成技術を開発 - 富士通研