Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本HP、企業向けに安全なモバイル環境を提供する「ECS-Mobility」

日本ヒューレット・パッカードは、モバイル端末から企業データやアプリへのアクセスを実現するクラウドサービス「ECS-Mobility」を提供開始した。

同社が提供するクラウドサービス「HP Converged Cloud」の1サービスとして展開するもので、スマートフォンやタブレットをはじめ、従業員のモバイル端末よりアプリケーションやファイルストレージへのアクセスやファイル共有を実現する。

セキュリティポリシーを設定でき、アプリケーションやデータなど企業資産に対してアクセスコントロールを設定することが可能。OS、アプリケーションのアップグレードなど、端末の一元管理が行える。

またアプリケーションストアから承認済みアプリケーションをダウンロードする機能や、HPクラウドインフラとモバイル端末間とのファイル共有と同期も提供。クラウドファイルストレージについては容量の増減に対応する。

(Security NEXT - 2013/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

腕の動きやデバイス角度などで「なりすまし」を検知するモバイル向けSDK
NTTテクノクロス、モバイルカメラを使った静脈認証ソリューション
Avast、モバイル向けセキュリティアプリを刷新 - AVGの検出技術を統合
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
ワイプなど基本機能無料のフィンランド製MDM
IBM、自動車やSCADAにも対応するセキュリティテストサービス - ヒューマンリスクも判断
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
NEC、顔認証に対応したユーザーデータ活用基盤基盤ソフトを提供
Lookout、自社開発したiOS向けアプリの危険性評価機能を提供
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト