Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9月のスパム割合は66.4%、ウイルスメール数の割合は微減、 - シマンテックレポート

シマンテックは、9月に検知したウイルスやスパムの状況について取りまとめた。2013年に発見された脆弱性の総数は4864件となり、5000件に迫る勢いだ。

同社によれば、ウイルスを感染させるために送信されたメールは0.26%。前月の0.29%より割合は縮小した。エンドポイントにおいて、もっともブロックされたマルウェアは、「W32.Ramnit!html」で6.98%にのぼり、「W32.Ramnit」の亜種をまとめると、全体の17.6%を占める。

モバイルマルウェアを見ると、9月には7件の新型マルウェアと、249件の新型亜種が発見された。現時点までに確認しているモバイルマルウェアのうち、37%がSMSや通話記録の収集、通話の録音、写真などの収集を行うもので、またデバイス情報やユーザー情報を収集するものが20%を占めるなど、個人情報が狙われる傾向があるという。

流通するメールに占めるスパムの割合は66.4%。8月の65.2%から1.2ポイント悪化した。スパムの最多発信国は米国。フィッシングメールの割合は0.09%で、0.15%から縮小した。

9月あらたに発見された脆弱性は549件。2013年1月からの合計は4864件で、前年同期と比較すると16%増となった。ブラウザで脆弱性が最も多く報告されたのは「Google Chrome」で全体の38%。一方プラグインの脆弱性では、「Oracle Java」が51%で半数以上を占めた。またモバイルOSにおいて45件の脆弱性が確認されている。

(Security NEXT - 2013/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果