Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

鍵付きキャビネットで保管していた提携医療機関の患者情報入りHDDが所在不明

がんワクチンや再生医療の開発支援を行うテラは、提携医療機関の患者情報が保存された外付けハードディスクが所在不明になっていることを明らかにした。

同社によれば、同社社内にある鍵付きのキャビネットに保管していたハードディスクが所在不明となっているもの。10月15日にハードディスクがなくなっているとの報告があり、その後、関係者への聴き取り調査など実施したものの発見できず、28日に紛失の可能性が高いと結論付けた。

紛失したハードディスクには、2007年2月から2011年6月までのあいだに、提携医療機関で受診した患者の情報が保存されていた。患者1365人の氏名、ID、患者から採取した細胞の品質に関するデータなどで、そのうち847人に関しては医療機関の略称も記録。このほか、患者名を含まないデータ1694件も含まれる。

同社によれば、これらのデータを読み取るには、細胞の品質検査を行う検査機関が使用する専門性の高いソフトが必要で、データの不正利用なども確認されていないという。同社では、提携医療機関に報告と謝罪を行うとともに、協議したうえで対象となる患者への対応を進めている。

(Security NEXT - 2013/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

分析機器納入業者が患者遺伝子検査データを持出 - 九大病院
感染は「Emotet」亜種、メール経由で - 多摩北部医療センター
医療センターの問診票が運搬中に飛散 - 春日部市
医師を偽装した不正メールの特徴を公開、注意を喚起 - 東京都保健医療公社
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
職員採用内定者のメアドが流出 - 横浜市立大
医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出