Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が患者情報保存した私物USBメモリを紛失 - 愛媛医療センター

国立病院機構の愛媛医療センターにおいて患者の個人情報が保存されたUSBメモリが所在不明になっていることがわかった。

同センターの看護職員が、臨床指導業務に関するデータを保存していた私物のUSBメモリを紛失したもの。新築の病棟を移転する準備のため、6月19日に自宅に持ち帰ろうとした際、紛失していることに気が付いたという。

USBメモリには、14人分の「弾性ストッキングコンダクター臨床指導内容書」が保存されており、氏名や性別、年齢のほか、指導日、診断名、症状などが含まれる。

紛失した個人情報が不正に利用されたといった被害の報告はないという。同院では関連する患者に対し、主治医を通じて事情を説明し、謝罪した。

(Security NEXT - 2013/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むUSBメモリを紛失、判明は2月 - 大谷大
市内小学校児童の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 大阪市
高校教諭が生徒の成績情報含むUSBメモリを紛失 - 神奈川県
1年前に医師が患者情報を紛失、匿名で届き発覚 - 広島病院
成績など記録したUSBメモリを紛失 - 大阪体育大
委託先へ預けた顧客情報入りUSBメモリが所在不明 - 大阪の複合施設
顧客対応の通話音声を子会社が紛失 - ANA
4年前の個人情報入りUSBメモリ紛失、匿名で届き発覚 - 大阪市
元職員の個人情報持ち出し、あらたに550人分が判明 - 松山市
補助金申請事業者の情報含むUSBメモリが所在不明 - 東京商工会