Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が患者情報保存した私物USBメモリを紛失 - 愛媛医療センター

国立病院機構の愛媛医療センターにおいて患者の個人情報が保存されたUSBメモリが所在不明になっていることがわかった。

同センターの看護職員が、臨床指導業務に関するデータを保存していた私物のUSBメモリを紛失したもの。新築の病棟を移転する準備のため、6月19日に自宅に持ち帰ろうとした際、紛失していることに気が付いたという。

USBメモリには、14人分の「弾性ストッキングコンダクター臨床指導内容書」が保存されており、氏名や性別、年齢のほか、指導日、診断名、症状などが含まれる。

紛失した個人情報が不正に利用されたといった被害の報告はないという。同院では関連する患者に対し、主治医を通じて事情を説明し、謝罪した。

(Security NEXT - 2013/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童の個人情報入り私物USBメモリを紛失 - 船橋市
顧客情報81万件含むUSBメモリが所在不明 - 東電
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 長野市
病院職員が個人情報を持ち出しか - 削除されたデータの復旧作業で判明
シニアカード会員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 福島競馬場
約6.2万人分の個人情報入りUSBメモリが所在不明に - 関西大
職員による不正持出、約220万件の行政ファイル - 三浦市
輸血患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 群馬医大病院
県立高校で成績情報含むUSBメモリを学外に持ち出し - 愛知県
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大