Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立システムズ、CSIRTの支援サービスを開始

日立システムズは、企業や組織におけるインシデントレスポンスチームの運用を支援する「SHIELD クラウドCSIRTサービス」を提供開始した。

同サービスは、インシデント対応のため、人材確保や情報収集が必要となる企業や組織の「CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」に対し、同社がセキュリティソリューションやセキュリティオペレーションセンター(SOC)の運営で得たノウハウを提供し、運用をサポートするもの。

具体的には、脆弱性情報や外部からの攻撃予測情報、緊急性の高い脅威情報、風評などの情報提供や、情報システムなどにて発生したセキュリティ侵害やマルウェアの分析調査などを支援する。

同社では、2015年度末までに2億円の販売を目指し、セキュリティソリューションブランド「SHIELD」のメニューとして展開。システムを同社SOCにて預かり、システムの脆弱性診断や、要請に応じた設定変更を行うなど、関連サービスをワンストップで提供していく。

(Security NEXT - 2013/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
「添付ファイルでマルウェア感染?」「PCの動作が変?」 - まずは調査を
セキュリティに関する情報共有のポイントを整理した資料に英語版 - ISOG-J
【特別企画】「ウェブフィルタリング=入口対策」はあたりまえ、内部からの不審通信対策にも効果がある「あの製品」
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞 - 「CODE BLUE」篠田氏など3者が受賞
日立と慶大、「分散型セキュリティオペレーション」構想を提唱 - インシデント対応を迅速化
【特別企画】柔軟性高いSOCと機械学習がもたらす速攻検知 - Managed Cyber GateとVectra Networks社製品の導入事例
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」が公開 - 「攻撃検知」「復旧」前提に
ISOG-J、効果的なセキュリティ情報共有のポイントを整理した資料公開