Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立システムズ、CSIRTの支援サービスを開始

日立システムズは、企業や組織におけるインシデントレスポンスチームの運用を支援する「SHIELD クラウドCSIRTサービス」を提供開始した。

同サービスは、インシデント対応のため、人材確保や情報収集が必要となる企業や組織の「CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」に対し、同社がセキュリティソリューションやセキュリティオペレーションセンター(SOC)の運営で得たノウハウを提供し、運用をサポートするもの。

具体的には、脆弱性情報や外部からの攻撃予測情報、緊急性の高い脅威情報、風評などの情報提供や、情報システムなどにて発生したセキュリティ侵害やマルウェアの分析調査などを支援する。

同社では、2015年度末までに2億円の販売を目指し、セキュリティソリューションブランド「SHIELD」のメニューとして展開。システムを同社SOCにて預かり、システムの脆弱性診断や、要請に応じた設定変更を行うなど、関連サービスをワンストップで提供していく。

(Security NEXT - 2013/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞候補、公募を開始
NTTコムとFFRI、高度セキュリティ人材の育成で新会社
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
政府、自治体のセキュリティポリシーGLを改正 - マイナンバー関連事務やネット接続を強靱化
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯
CSIRT構築運用支援サービスの市場規模は72.3億円 - 前年度比18.7%増
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
「添付ファイルでマルウェア感染?」「PCの動作が変?」 - まずは調査を
セキュリティに関する情報共有のポイントを整理した資料に英語版 - ISOG-J