Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立システムズ、CSIRTの支援サービスを開始

日立システムズは、企業や組織におけるインシデントレスポンスチームの運用を支援する「SHIELD クラウドCSIRTサービス」を提供開始した。

同サービスは、インシデント対応のため、人材確保や情報収集が必要となる企業や組織の「CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」に対し、同社がセキュリティソリューションやセキュリティオペレーションセンター(SOC)の運営で得たノウハウを提供し、運用をサポートするもの。

具体的には、脆弱性情報や外部からの攻撃予測情報、緊急性の高い脅威情報、風評などの情報提供や、情報システムなどにて発生したセキュリティ侵害やマルウェアの分析調査などを支援する。

同社では、2015年度末までに2億円の販売を目指し、セキュリティソリューションブランド「SHIELD」のメニューとして展開。システムを同社SOCにて預かり、システムの脆弱性診断や、要請に応じた設定変更を行うなど、関連サービスをワンストップで提供していく。

(Security NEXT - 2013/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」が公開 - 「攻撃検知」「復旧」前提に
ISOG-J、効果的なセキュリティ情報共有のポイントを整理した資料公開
ソフバンテク、CSIRT早期構築を支援するサービス
SOCやCSIRTなど「セキュリティ対応組織」向け教科書に第2版
カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」
売り切れだった「セキュリティ専門家 人狼」、増刷に向けてアンケート
JPCERT/CC、「Mirai」被害低減や標的型攻撃情報共有などに貢献した専門家やCSIRTに感謝状
CSIRTのワークフロー管理を支援するクラウドアプリ - NANAROQ