Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シンポジウムの案内メール誤送信、参加申込者のアドレス流出 - 東大大学院

東京大学大学院教育学研究科においてメールの送信ミスが発生し、シンポジウムの参加申込者のメールアドレス339件が流出した。

誤送信が発生したのは、同研究科主催の国際シンポジウム「日英共同開発『考え込み防止』認知行動療法による折れない心を育てるWeb研修サービス」の参加申込者に送信した案内メール。10月4日16時半過ぎに一斉送信した際、送信先の全アドレス399件が表示された状態で送った。そのうち10件には氏名も含まれる。

今回の誤送信を受け、同大学では同日17時半過ぎに対象となる申込者に対して謝罪した。不正利用などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2013/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルマガ本文に送信先メアドを誤記載 - 福岡県中小企業振興センター
産官学連携プラットフォームのメルマガで誤送信 - 大阪市
メール誤送信で居宅介護支援事業所のメアド流出 - 福岡市
案内メールを誤送信、顧客メアド3100件が流出 - スワンフローリスト
ドラマ「下町ロケット」エキストラのメアド流出 - TBS
取材データの誤送信で職員8人を懲戒処分 - NHK
「メール119システム」の登録者向けメールで誤送信
起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県
オンラインゲーム「Identity V」、アンケートメールで送信ミス
街頭インタビュー映像や音声のファイルを誤送信 - NHK