Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シンポジウムの案内メール誤送信、参加申込者のアドレス流出 - 東大大学院

東京大学大学院教育学研究科においてメールの送信ミスが発生し、シンポジウムの参加申込者のメールアドレス339件が流出した。

誤送信が発生したのは、同研究科主催の国際シンポジウム「日英共同開発『考え込み防止』認知行動療法による折れない心を育てるWeb研修サービス」の参加申込者に送信した案内メール。10月4日16時半過ぎに一斉送信した際、送信先の全アドレス399件が表示された状態で送った。そのうち10件には氏名も含まれる。

今回の誤送信を受け、同大学では同日17時半過ぎに対象となる申込者に対して謝罪した。不正利用などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2013/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
関係者向けニュースメールで誤送信 - 国立環境研究所
イベント告知メールで誤送信 -兵庫の託児施設
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA