Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイボウズ、クラウドの脆弱性探すコンテストを開催 - 賞金総額300万円

サイボウズは、同社クラウドサービスの脆弱性を見つけ出すコンテスト「cybozu.com Security Challenge」を開催する。

同コンテストは、同社が提供するクラウドサービス「cybozu.com」の脆弱性を見つけ出すコンテスト。セキュリティ技術を競うコンテストを展開するSECCONの協力のもと開催し、同社では、同コンテストを通じてサービス品質の向上を目指している。

同コンテストでは、商用サービスとは別に検証環境をオンライン上に用意。参加者が未知の脆弱性を発見するたびに評価ポイントが加算され、ポイントに応じて報奨金が与えられる。最多得点を獲得した優勝者や成績上位者にはさらに報奨金が上乗せされるという。賞金総額は300万円。

また成績上位者を2014年3月に開催する「SECCON全国大会」の併催カンファレンスへ招待する予定で、脆弱性を発見するプロセス関してプレゼンテーションを依頼する。

参加単位は個人でコンテストの会期は、2013年11月11日から同月25日までの約2週間。定員は150人。申し込みはメールで受け付ける。また同社では詳細なルールなどについて9月30日に発表する予定。今後は、脆弱性の報告者に報奨金を支払う「脆弱性情報報奨金プログラム」についても展開する計画だという。

(Security NEXT - 2013/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
セキュリティの川柳や「あるある」競うコンテスト
車載ネットワークのハッキングコンテストで優勝 - イエラエ佐藤勝彦氏
SANS「NetWars」による学生向けCTF大会を開催 - NRIセキュア
深刻化するセキュリティ人材不足、金脈はゲーマーにあり?
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
ゲームの脆弱性対策技術を競うコンテストがスタート