Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ルートキット機能を備える「Sirefef」の国内感染が拡大 - ESETが観測

ESETは、日本国内で8月後半よりトロイの木馬「Win32/Sirefef」の感染が拡大しているとして注意を呼びかけている。

同マルウェアは、別名「ZeroAccess」としても知られ、ルートキットの機能を備えたトロイの木馬。感染すると端末を遠隔から操作されるおそれがあるほか、キー入力した内容の窃取、ファイルの実行やプロセスの終了、P2Pネットワークへの接続、DDoS攻撃といった機能などを備えている。

8月後半より日本国内での感染が徐々に増加し、9月に入ってからも感染が拡大しているという。同社では同マルウェア専用の駆除ツール「ESET Sirefef Cleaner Tool」を配布しており、無償でダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2013/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
北朝鮮攻撃グループ、偽「仮想通貨取引ソフト」をばらまく攻撃か - 「macOS」をはじめて標的に
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
北朝鮮関与のあらたなマルウェア「KEYMARBLE」 - 米政府が注意喚起
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2017年1Qのバンキングトロジャンは144件 - 前四半期から半減
マルウェア配信担う自己拡大型トロイの木馬に警戒 - 復旧に1億円超えも
銀行狙わぬ「バンキングトロジャン」も - 標的はクレカやアカウント、仮想通貨も
「Thrip」が衛星通信や防衛産業を標的に - 中国国内の端末から操作