Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2013年第2四半期はAndroidマルウェアが35%増加 - 半年で前年検知数に迫る勢い

マカフィーによれば、Androidを狙う不正アプリが急増している。2013年上半期を終えた時点で2012年の検出数に迫る勢いで拡大しているという。銀行がSMSで発行したワンタイムパスワードを盗むマルウェアも多様化している。

20130920_ma_001.jpg
2013年上半期を終えた時点で前年検知数に迫る勢いだった(グラフ:マカフィー)

同社によると、Androidを狙ったマルウェアが高い伸び率を見せており、前四半期から35%増を記録。データベースに登録されたサンプル数は1万7000件を超えたという。2013年半ばの段階で、前年の年間検出数に迫る勢いで、年末には前年の2倍以上まで増加する見込みだ。

マルウェアの種類も多様化が進んでいるという。ヨーロッパやアジア圏の銀行では、オンラインバンキングの二要素認証としてSMSを利用するケースが多いが、このSMSを窃取するマルウェアも複数の種類が確認されているという。

また、架空の有料サービスに登録させて金銭を詐取する出会い系アプリが急増。インストール時に端末からユーザー情報や個人情報を収集するため、被害が拡大するおそれがある。

さらに、スパイウェアとして動作するよう改変された正規アプリや、インストーラなどの有用ツールに偽装したアプリも多数確認された。いずれもデバイス内の個人情報を収集して、外部サーバに転送する機能を備えている。

(Security NEXT - 2013/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱