Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2013年第2四半期はAndroidマルウェアが35%増加 - 半年で前年検知数に迫る勢い

マカフィーによれば、Androidを狙う不正アプリが急増している。2013年上半期を終えた時点で2012年の検出数に迫る勢いで拡大しているという。銀行がSMSで発行したワンタイムパスワードを盗むマルウェアも多様化している。

20130920_ma_001.jpg
2013年上半期を終えた時点で前年検知数に迫る勢いだった(グラフ:マカフィー)

同社によると、Androidを狙ったマルウェアが高い伸び率を見せており、前四半期から35%増を記録。データベースに登録されたサンプル数は1万7000件を超えたという。2013年半ばの段階で、前年の年間検出数に迫る勢いで、年末には前年の2倍以上まで増加する見込みだ。

マルウェアの種類も多様化が進んでいるという。ヨーロッパやアジア圏の銀行では、オンラインバンキングの二要素認証としてSMSを利用するケースが多いが、このSMSを窃取するマルウェアも複数の種類が確認されているという。

また、架空の有料サービスに登録させて金銭を詐取する出会い系アプリが急増。インストール時に端末からユーザー情報や個人情報を収集するため、被害が拡大するおそれがある。

さらに、スパイウェアとして動作するよう改変された正規アプリや、インストーラなどの有用ツールに偽装したアプリも多数確認された。いずれもデバイス内の個人情報を収集して、外部サーバに転送する機能を備えている。

(Security NEXT - 2013/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
クラウド環境向けセキュリティ製品、2021年までの年間平均成長率は20.9% - IDC予測
金融機関の3割でサイバー攻撃が発生 - 1割が「経営に影響」と回答
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加