Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デル、ミッドレンジ向けにDPI対応FWの新シリーズ - 「SFP+ポート」搭載

デルは、ゲートウェイ型ネットワークセキュリティアプライアンスの新製品「Dell SonicWALL NSAシリーズ」を発表した。

20130903_de_001.jpg
NSAシリーズ

同製品は、Cavium OCTEONマルチコアMIPS64プロセッサを採用したミッドレンジ向けセキュリティアプライアンス。6コアから24コアまでラインナップを用意している。

ファイアウォールやIPSのほか、「Reassembly-Free Deep Packet Inspection(RFDPI)エンジン」により、ポートやプロトコルではなく、全トラフィックをシングルパスで監視することが可能。ゲートウェイによるウイルス検知やアプリケーション制御、URLフィルタリングを実現する。

SSLにより暗号化されたトラフィックの監視にも対応するほか、管理画面は日本語化されており、アプリケーションの利用状況をグラフにより可視化できる。

またミッドレンジシリーズとしては今回はじめて10Gbpsに対応する「SFP+ポート」を採用し、最大4ポートを搭載。ステートフルフェイルオーバーへの対応など、大企業にも対応する拡張機能を用意した。

ラインナップには、24コアを搭載し、ファイアウォール利用時に3.4Gbps、IPSの場合1.1Gpbs、アプリケーションインスペクションで450Mbpsのスループットを実現した同シリーズの最上位機種となる「NSA6600」をはじめ、「NSA5600」「NSA4600」「NSA3600」の4製品を用意。価格はオープン。

20130903_de_002.jpg
Dell SonicWALL NSAシリーズのラインナップとおもなスペック

(Security NEXT - 2013/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「どこどこJP」、チェック・ポイント利用者向けに設定支援ツール
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
NECネッツエスアイ、セキュアゲートウェイサービスに保険を付帯
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品に新版 - 「ディープガード」に機械学習を応用
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
パロアルト、製品の機能を拡張するフレームワークを用意 - サードパーティアプリが利用可能に
IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス
PS Japan、Panda製エンドポイント製品を発売 - 自動フォレンジック機能も
NEC、AIを活用した脅威分析システムをセキュリティ監視サービスに導入