Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約15年前の採用関連情報などが一時掲示板から流出 - ヤフー

ヤフーは、約15年前の内部情報が、インターネット上の掲示板で一時公開されていたことを明らかにした。

同社によれば、同社経由の情報流出として掲示板に投稿されたという。同社の依頼により、すでに掲示板から情報は削除されている。

同社が調べたところ、掲載された情報は、1998年ごろの内部情報である可能性が浮上。応募者15人分の情報を含む採用活動の関連メールや、77人分の従業員用パスワードリストで、いずれも氏名が含まれる。

採用情報に関しては、保管期間である5年経過後に削除しており、パスワードについても、すでにシステムを変更している。パスワードの悪用は不可能で、現時点で同様の漏洩が発生する可能性もないとしている。

これら情報はすでに社内で保有しておらず、過去に外部へ流出した可能性があるが、流出元はわかっていない。同社では、個人情報が流出したとして厚生労働省に対して報告を行った。

(Security NEXT - 2013/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
人工呼吸器管理用タブレットが所在不明 - 岸和田市民病院
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市