Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、サイバーセキュリティアナリストを公募

情報処理推進機構(IPA)は、サイバーセキュリティアナリストの公募を開始した。

サイバー攻撃の分析やフォレンジック、ソーシャルエンジニアリング、関連技術などにくわしいセキュリティアナリストを若干名、採用するもので、委嘱時期は、10月下旬より来年の3月31日まで。必要に応じて任期を延長する場合もあるとしている。

応募期間は8月22日から9月17日まで。書類による1次選考と、面接による2次選考が行われる。職務内容の詳細はウェブサイトよりPDFにてダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2013/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムリスク分析ガイドが改訂 - 工数削減や解説拡充を実施
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
IPA、バグハンター向けに勉強会 - 発見や届け出のポイントなどを解説
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
2018年2Qの脆弱性届出は158件 - ソフトウェア関連が倍増
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
「標的型攻撃」の相談、半年で158件 - 前期比4割減