Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、サイバーセキュリティアナリストを公募

情報処理推進機構(IPA)は、サイバーセキュリティアナリストの公募を開始した。

サイバー攻撃の分析やフォレンジック、ソーシャルエンジニアリング、関連技術などにくわしいセキュリティアナリストを若干名、採用するもので、委嘱時期は、10月下旬より来年の3月31日まで。必要に応じて任期を延長する場合もあるとしている。

応募期間は8月22日から9月17日まで。書類による1次選考と、面接による2次選考が行われる。職務内容の詳細はウェブサイトよりPDFにてダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2013/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年秋期セキュマネ試験、合格率は50.4% - 非IT系企業がIT系企業上回る
仕様変更によるChrome警告表示に冷静な対応呼びかけ - IPA
「情報処理安全確保支援士試験」に新制度 - 認定学科修了で一部試験が免除に
「CRYPTRECシンポジウム2017」が12月に開催
標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
J-CSIP、「やりとり型」の標的型攻撃を確認 - 日本語ばらまき型メールも巧妙化
2017年3Qの脆弱性届け出は121件 - 前四半期から半減
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件