Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

府立高校で在校生や卒業生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 大阪

大阪府立生野高校において、生徒や卒業生の個人情報を保存したUSBメモリの所在がわからなくなっている。同校では全校集会を開催し、生徒へ謝罪を行った。

8月13日に同校職員が保管していたUSBメモリが所在不明となっていることが判明したもの。問題のUSBメモリには、同校3年生の130人分の氏名や成績を保存していたほか、卒業生546人分の氏名や進路に関する情報が含まれる。

同校では、8月20日に学年集会を開催し、3年生に対して事情の説明や謝罪を行った。直接関係ないが、他在校生に対しては、8月26日の全校集会で説明するという。また卒業生や卒業生保護者に対しては8月31日に説明会を開催し、謝罪する予定。

(Security NEXT - 2013/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
医療機関の患者情報含むUSBメモリを紛失 - エンパワーヘルスケア
入試出願者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 静岡県立大
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 昭和女子大
病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に
小学校教諭が個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 柏市
学生の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 大阪工業大
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 茨城県立中央病院