Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三和コムテック、「FireAMP」を使用したマルウェアの感染経路調査サービス

三和コムテックは、マルウェアの侵入経路や感染原因を特定する短期調査サービス「マルウェア119番サービス」を提供開始した。

同サービスは、米ソースファイアが開発したマルウェア検知ツール「FireAMP」を使用したもので、マルウェア感染時に感染経路や原因の特定、および被害拡大を支援する。

「FireAMP」は、未知のマルウェアに対する侵入経路の特定や最初の感染原因特定、被害範囲の把握から、管轄下の全PCからのマルウェア一掃、再発や実害の封じ込めなどを提供するクラウドサービス。

通常「FireAMP」は年間ライセンスで提供されているが、同サービスでは、最長2カ月間限定の特別ライセンスとて利用できる。クライアントへの導入から調査、報告まで対応する。

料金は、クライアントPC1万台の場合、1カ月50万円から。FireAMPの導入および調査、報告費用は別途必要。

(Security NEXT - 2013/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
AIの音声分析で違法動画を監視する新機能 - イー・ガーディアン
東京海上日動とMS、「テレワーク保険」を開発 - 対象端末に自動付帯
ジャコーレ、イスラエルのセキュリティ企業Bavilonと提携
サイバーリーズン、EDRとマルウェア対策を統合したセキュリティプラットフォーム
NRIセキュア、海外拠点を実地調査するアセスメントサービス