Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三和コムテック、「FireAMP」を使用したマルウェアの感染経路調査サービス

三和コムテックは、マルウェアの侵入経路や感染原因を特定する短期調査サービス「マルウェア119番サービス」を提供開始した。

同サービスは、米ソースファイアが開発したマルウェア検知ツール「FireAMP」を使用したもので、マルウェア感染時に感染経路や原因の特定、および被害拡大を支援する。

「FireAMP」は、未知のマルウェアに対する侵入経路の特定や最初の感染原因特定、被害範囲の把握から、管轄下の全PCからのマルウェア一掃、再発や実害の封じ込めなどを提供するクラウドサービス。

通常「FireAMP」は年間ライセンスで提供されているが、同サービスでは、最長2カ月間限定の特別ライセンスとて利用できる。クライアントへの導入から調査、報告まで対応する。

料金は、クライアントPC1万台の場合、1カ月50万円から。FireAMPの導入および調査、報告費用は別途必要。

(Security NEXT - 2013/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
日立ソ、エンドポイントにおけるインシデントの分析や復旧を支援
YouTuberの広告審査や素行を監視するサービス - イー・ガーディアン
マクニカ、S&Jのインシデント対応サービスを提供開始
バリオセキュア、ウェブのセキュリティ診断サービスを開始
EMC、フォレンジックツールに新版 - 関連イベントの時系列表示機能など追加
ソリトン、アカウント情報の漏洩状況を調べるサービス
動作記録とアラートから脅威を判断、対応支援するイスラエル製「SECDO」 - 丸紅ITSが発売