Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、各府省庁へ民間事業者のサービス利用状況について実態調査を指示 - Googleグループ問題で

政府機関において、Googleグループを公開設定のまま利用したことによる情報漏洩事故が複数発生した問題で、政府は情報セキュリティ対策推進会議(CISO等連絡会議)を開催し、再発防止の徹底を各機関へ求めた。

各府省庁の最高情報セキュリティ責任者(CISO)を中心とする同会議では、情報漏洩が確認された環境省,復興庁,農林水産省,国土交通省や、厚生労働省が所管する医療機関で発生した事例を報告した。

環境省では条約交渉の交渉期間中に状況報告などへGoogleグループを利用。国土交通省では、委託事業において受注者が発表前の情報をやり取りしていた。

さらに機密情報の有無は調査中だが、農林水産省が官民共同で進める事業では、構成員であるNPOが2011年より2年以上にわたりGoogleグループを利用していたという。また復興庁では、閲覧可能となったものの公開資料がだった。

今回の報告を受け、情報セキュリティ対策推進会議議長を務める杉田内閣官房副長官は各府省庁に対し,実体の調査や、情報漏洩が発生していないか点検し、漏洩のおそれがある場合は、被害の防止対策を行うよう指示。結果については内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)へ報告することとした。

また民間企業が提供する約款を元にしたグループメールサービスを、機密情報を扱う業務に利用することがないよう、各府省庁において情報セキュリティポリシーの徹底を求めた。

(Security NEXT - 2013/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽情報対策でフォーラム設置 - 産学官民連携目指す
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
海賊版対策で啓発漫画16作品を順次公開 - 経産省
「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度」が運用スタート
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020」でパブコメ実施 - 新コロ環境での対策も
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムで再度不具合
特別定額給付金の通知書に他人の口座情報 - 取手市
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
「雇用調整助成金」の受付システムに不具合 - 他申請者情報が閲覧可能に